人気の格安プロジェクターレンタルランキング

プロジェクターの格安レンタル店を徹底比較!
No.1のお店はどこ!?

結婚式や卒園式・プレゼン・セミナー・イベント・会議など、様々な場面で必要になるプロジェクター。いつも使うわけではないけれど必要になる場面ってありますよね。そんな時に便利なのがプロジェクターのレンタルサービス。必要な時だけ1日単位でプロジェクターを借りることができます。当サイトではプロジェクターレンタルサービスを行っている各社の料金や便利度、口コミなどを徹底比較、最もおすすめのサイトをランキング化しました。プロジェクターのレンタルを考えている方はぜひ当サイトのランキングを参考にしてみてください。

プロジェクターレンタルランキング

プロジェクターレンタル屋さん

格安料金、最短翌日お届けで人気No.1!

プロジェクターレンタル屋さん

プロジェクターレンタルで最も評判の良いサイトがこのプロジェクターレンタル屋さんです。レンタル料金は1日3000円~と業界最安のお値段!更に送料は完全無料なのも嬉しいポイント。レンタル料金のほかにかかる金額はありません。午後3時までの注文で当日発送、最短翌日到着とスピード感もあります。扱っている機種もほぼ最新型のもので、幅広い用途に利用できるでしょう。プロジェクターのレンタルを考えている方にまずお勧めしたいショップです。

料金 便利度 取り扱いメーカー
1日あたり3000円~(税抜き)
長期レンタル料金あり(1ヶ月16,800円~)
送料無料
当日発送可能
会員登録不要
エプソン

こんな方におすすめ!

・プロジェクターを安く手軽にレンタルしたい方
・結婚式の2次会や会議・説明会、簡単な上映会など、小規模~中規模のイベントでプロジェクターを利用したい方
・なるべく早くプロジェクターをレンタルしたい方

プロジェクターレンタル屋さんのサイトへ行く
プロジェクターレンタル屋さんのクチコミをみる

ビデオエイペックス レンタル館

豊富な種類が揃う総合レンタル専門店

ビデオエイペックス レンタル館

ビデオエイペックス レンタル館は、プロジェクターを1日からレンタルできるレンタルショップです。非常に多くの機種を扱っており、ホールでの利用にも対応できるような大型のプロジェクターも取り扱っています。最も安い機種は1日3840円。送料も3000円以上で無料ですが、配送でのレンタルは2泊3日以上でないと対応していないため、短い期間の場合はお店に取りに行く必要がありますのでご注意ください。

料金 便利度 取り扱いメーカー
1日あたり3840円~
※商品によって異なります。
機種豊富
大型や特殊プロジェクターもあり
エプソン
パナソニック
SONY
NEC
日本アビオニクス
TAXAN

こんな方におすすめ!

・大きなホールや野外イベントなど、中規模~大規模なイベントでプロジェクターを使用する方
・短焦点など、特殊な用途のプロジェクターが必要な方
・ビデオカメラや音響機器など、他のものも一緒にレンタルしたい方

ビデオエイペックスのサイトへ行く
ビデオエイペックスのクチコミをみる

レンタルカメラショップ

プロジェクターも扱うレンタルカメラショップ

レンタルカメラショップはプロジェクターやビデオカメラ、デジカメなどを取り扱っている総合レンタルショップです。プロジェクターも豊富に扱っており、用途によって様々な機種が揃っています。最も安い機種は1日3500円と安めですが、送料が最安で1480円とかなり高くなっているので、実際は5000円近くかかる計算となります。また、補償サービスが無料で付いているのは嬉しいポイントです。

料金 便利度 取り扱いメーカー
1日あたり3500円~
※商品によって異なります。
5000lm以上の高スペック機種あり
補償サービス無料
エプソン
Canon
HITACHI
アビオニクス

こんな方におすすめ!

・レンタル商品の破損を気にせず安心して使いたい方
・カメラやビデオカメラなど、他のものも一緒にレンタルしたい方

レンタルカメラショップ	のサイトへ行く

プロジェクターとセットで申し込みたいスクリーンレンタル

プロジェクターを借りたなら投影するスクリーンも用意しておきたいところ。持ち運びに便利な収納タイプのプロジェクタースクリーンなどが一般的です。プロジェクタースクリーンもレンタルできるショップは以下です。

プロジェクターレンタル屋さん

スクリーンが1日4000円からレンタル可能

プロジェクターレンタル屋さん

プロジェクターレンタル屋さんのスクリーンは1日4000円からレンタル可能です。80型サイズで、アスペクト比4;3のものと16:9のものが用意されています。こちらも送料は無料なのでレンタル料金のみで利用可能。床置き型のタイプで組み立ても簡単です。

料金 便利度 取り扱いメーカー
1日4000円~ 送料無料
当日発送可能
会員登録不要
サンワサプライ

こんな方におすすめ!

・スクリーンを安くレンタルしたい方
・数人~数十人程度の小・中規模なイベントで利用する方

プロジェクターレンタル屋さんのサイトへ行く

ビデオエイペックス レンタル館

40インチから240インチまで幅広く取り扱い

ビデオエイペックス レンタル館

ビデオエイペックス レンタル館のスクリーンは40インチから210インチまで幅広く取り扱っています。利用できるのは1泊2日から。80インチは壁掛け式で4000円、自立式で6000円とプロジェクターレンタル屋さんに比べて若干割高。利用する大きさによってうまく使い分けて利用してみてください。

料金 便利度 取り扱いメーカー
1泊2日レンタル2800円~(40インチ)
40インチ~210インチまで幅広い取り扱い IZUMI
キクチ科学研究所
NEC
スタンフル

こんな方におすすめ!

・小さいサイズ、巨大なサイズのスクリーンをレンタルしたい方
・様々なメーカーの中から選びたい方

ビデオエイペックスのサイトへ行く

プロジェクターレンタル 押さえておきたいポイント

明るさの基準「ルーメン」ってなに?

 プロジェクターは明るさの基準を「ルーメン」という単位で表します。1ルーメンは定義でいうと「光度1カンデラの光源が1ステラジアンの範囲に放射する光束」ということになるのですが、これではちょっとイメージしづらいですね。まぁそれほど難しく考える必要は無く、ルーメンの値が大きいほどより明るいプロジェクターということになります。おおざっぱなイメージですが、小さい部屋(5人程度)でだいたい1500~2500ルーメン、小会議室(10人前後)で2000~3000ルーメン、中会議室(20~30人)で2500~3500ルーメン、大会議室(100人以上)で3000ルーメン以上が必要といった感じです。ただ、プロジェクターは部屋の明るさにかなり左右されます。暗い部屋ならルーメンも小さくて大丈夫ですし、明るい部屋ならより大きなルーメン数が必要となります。

スクリーンとの投写距離に気を付けよう

 プロジェクターにはそれぞれ適切な投写距離があります。60型であればだいたいスクリーンから1.5m~3mくらい離れたところから投影するのが適切な距離であり、これ以上やこれ以下の距離ですとうまく写すことが出来ません。投写距離は映し出すスクリーンのサイズが大きくなればなるほど長い距離が必要となってきます。細かい投写距離は各プロジェクターの性能によって異なります。小さい会議室での使用など、投写距離が足りないといったトラブルを回避するためにも、レンタルするプロジェクターがどの程度の投写距離が必要なのか確認しておくと良いでしょう。

対応しているインターフェイスもチェック

 プロジェクターにどんなインターフェイスが搭載されているかも要チェックです。大体のプロジェクターはUSB接続端子やVGA接続端子、赤・白・黄色のRCA入力端子などが付いています。HDMIに対応しているプロジェクターもあります。PCやDVDプレーヤーなど、自分がどの機器と接続してプロジェクターを利用するかによって必要な端子は変わってくると思いますので、あらかじめチェックしておくことをおすすめします。各レンタルショップでは商品ページに画像付きでインターフェイスが紹介されているので参考にしてみてください。

合わせて申しこんでおきたい補償サービス

 プロジェクターは高価なものですので、万が一壊してしまうとかなりの金額を賠償しなければならなくなってしまいます。そういったトラブルを回避するためにも、補償サービスに加入しておくことをおすすめします。だいたいどのレンタルサイトでも保障サービスに加入することが出来ます。料金は1レンタルあたり固定の金額だったり、レンタル料金の10%だったりと様々です。プロジェクターを運んでいる最中に落として壊してしまったなんていう話はよく聞きますので、補償サービスに入っておく方が安心です。
※保障サービスの保障範囲は各サイトによって異なりますので、各サイトの規約をご確認ください。
参考
プロジェクターレンタル屋さん・・・[540円] 落下、水濡れ、不測かつ突発的な事故による故障の修理代金を全額免除。
ビデオエイペックス・・・[レンタル料金の10%] 破損、取扱い不注意、誤操作などにより損害が生じた場合に、レンタル物件の1泊2日分の料金に負担額を減額。

スクリーンは発送できるか事前に確認しておこう

 プロジェクタースクリーンをレンタルする場合、返却は基本的に利用者側で手配することとなりますが、80型以上の大きなスクリーンの場合、1辺の長さが170㎝を超えるようなサイズになるため、通常の配送サービスでは対応していないところが多いです。この場合、ヤマト運輸のヤマト便や佐川急便の大型荷物の配送など、大きな荷物でも配送できるサービスを選ぶことになります。返却予定の配送サービスにあらかじめ確認し、これくらいのサイズのものを送りたいんですが可能ですか?と確認しておくことをおすすめします。もし近くの配送サービスで配送できなかった場合、どこか受け付けてくれるところに持っていくなど非常に手間と料金がかさむ場合も考えられます。利用する前にはあらかじめ返送可能か確認しておきましょう。

プロジェクターを使う際に気を付けたいこと

プロジェクターの吸気口と排気口はふさがないようにしよう

 プロジェクターには空気を取り込む吸気口と空気を吐き出す排気口がありますが、これらの入り口をふさいでしまうとプロジェクターの温度が上がってしまい、予期せぬシャットダウンや故障の原因となる場合があります。プロジェクターの周りにはなるべく何も置かなようにして、空気の通り道を邪魔しないようにしましょう。プロジェクターは使用中かなり高温になりますので、温度の上昇は故障の原因となり得ます。故障を起こさないためにも適切な環境で使用するようにしてください。